PANASONIC FY-MH766C-S ファクトリーアウトレット シルバー 前幕板 レンジフード部材 高さ700mm 75cm幅 \半額SALE

PANASONIC FY-MH766C-S シルバー 前幕板(レンジフード部材・75cm幅・高さ700mm)

PANASONIC FY-MH766C-S シルバー 前幕板 レンジフード部材 高さ700mm 75cm幅 \半額SALE/ 前幕板(レンジフード部材・75cm幅・高さ700mm),DIY、工具 , 住宅設備 , キッチン , その他キッチン設備,FY-MH766C-S,PANASONIC,nervora.com,/catalexis1396964.html,2295円,シルバー PANASONIC FY-MH766C-S シルバー 前幕板 レンジフード部材 高さ700mm 75cm幅 \半額SALE/ 2295円 PANASONIC FY-MH766C-S シルバー 前幕板(レンジフード部材・75cm幅・高さ700mm) DIY、工具 住宅設備 キッチン その他キッチン設備 前幕板(レンジフード部材・75cm幅・高さ700mm),DIY、工具 , 住宅設備 , キッチン , その他キッチン設備,FY-MH766C-S,PANASONIC,nervora.com,/catalexis1396964.html,2295円,シルバー 2295円 PANASONIC FY-MH766C-S シルバー 前幕板(レンジフード部材・75cm幅・高さ700mm) DIY、工具 住宅設備 キッチン その他キッチン設備

2295円

PANASONIC FY-MH766C-S シルバー 前幕板(レンジフード部材・75cm幅・高さ700mm)


PANASONIC FY-MH766C-S シルバー 前幕板(レンジフード部材・75cm幅・高さ700mm)

取付場所にもよりますがフラットな所なら問題なく簡単に取付可能ですがいりくんだ場所だとスペーサーが必要です。 外観は良い感じです。
レンジフード本体と同時に購入しました。部品の在庫がなかったようで納期まで少し時間がかかりました。同色に塗装されており、寸法通りジャストフィットし、排気ダクトや本体取付部の施工部分を隠せ、とても綺麗に仕上がります。必ず本体と同時購入することをお勧めします。
商品の入荷が少し遅れることを事前に連絡してくださり、 とても親切に対応してくださいました。とても満足です。
パナソニックのレンジフードと共に購入。レンジフードのダクト部分を隠して、キレイに埋めてくれる必需品です。クッキングヒーターとの色も合わせたのでキレイに仕上がってます。
ツインバード 掃除機 サイクロン ハンディー クリーナー  HC-E251GYを使っている

 これの使いにくいところ
1.ごみ捨てが面倒
2.ごみタンクが小さい
3.電源コードを巻きつけところが無いので、使わない時は電源コードが邪魔。
4.細かいゴミを吸うとフィルターの表面積が小さいので、フィルターがすぐ目詰まりする。
  完全に詰まると、フィルターを歯ブラシで水洗いしても復活しない。

 改造してみた
100円ショップのセリアで透明容器を買って。


この容器と、掃除機のゴミタンクを途中で切断して、Pカットテープで繋いだ。
電源コードを巻き付けるところを付けた。




内部の不織布のフィルターを切り取る
アイネクス 糖質カット 炊飯器 最大33%糖質カット 通常炊飯最大4合炊き 玄米も簡単 ブラック

切り取った不織布のフィルターの代わりに、ティッシュペーパーを2枚重ねる


ティッシュペーパーを破かない様に注意して、黄色のフィルターカバーを付ける


ごみタンクを付ける





 改造後の感想
ごみ捨てが楽になった。


ゴミタンクが大きくなったので、ごみ捨て頻度が減った と思う。
ゴミタンクが透明になったので、溜まったごみが見やすい。
吸引力は純正フィルターとほとんど変わらないと思う。
ただし純正フィルターで濾過できたダニの死骸などの細かいホコリは、ティッシュペーパーのフィルターでは通り抜けているかもしれない。



この掃除機の新型は、ごみタンクの上部が開いて簡単にごみ捨て可能に改良されていた。
きっとユーザーからの改善要望が多かったのでしょう。
最近歳のせいで、金属加工やはんだ付け時に見ずらいので、シンワ測定の双眼ヘッドルーペ W-4 75735を買った。

使ってみると、細かいものが見やすくなって便利。
しばらく使ってみると下記の不満点があった。
1.レンズの精度が悪いのか、目が疲れる。
2.レンズがプラスチック製で傷が付きやすい。
3.レンズ部を上下していると、可動部のネジが徐々に緩む。
4.暗いところで見ずらい。


上記1と2は諦めるとして。

上記3の対策として、右のネジ部に、t0.5 PET材でゆるみ防止板を付けてみた。
このt0.5 PET材は、100円ショップでフェイスシールドとして売られている物です。





上記4の対策としてLED照明を付けてみた。
回路図はこれ。
LEDドライブ基板は、ダイソーの「単3電池2個使用モバイルバッテリー」を、定電流出力に改造して使用した。
大きな白LEDを1個にすると対象物に影が出やすい 様な気がしたので。小さい白LEDを10個並べてみました。


改造した基板




LEDライトをヘッドルーペに付けたところ。





 使用した感想
明るく照らすと見やすい。細かいはんだ付けが楽になった。
ヘッドバンドの右側に単三電池を2個付けるので、右に傾いて使いにくいかと思ったけど。
意外に気にならなかった。


 ハズキルーペの様なメガネタイプと比べて、これの良いところ。
レンズが目から離れているので。顔を(見る対象物に)近づけなくても見やすいのが良い。
レンズの幅が狭いので、ヘッドルーペを上に持ち上げなくても。頭を少し上に上げて、ヘッドルーペの下側から下目で見れば、遠くの物が見れるので便利。


 これの悪いところ
レンズの精度が悪いので。10分以上作業していると目がとても疲れる。
これを使って目が疲れて、視力が低下したら良くないので。
これよりも高価で精度の良いガラスレンズを使った、これと同型のヘッドルーペを買うのが良いと思う。
自宅で使っている Panasonicのレンジフード QSS73AH3F2 が、ボタンを押しても全く反応しなくなった。
ボタンを押しても、照明が点かない。換気扇も回らない。
照明と換気扇の両方が反応しないから、恐らく制御基板の故障だろうと推測して分解してみた。

レンジフードの内側に貼ってある結線図


左側に描いてあるコンデンサの意味がわかりません。だれか教えて下さい。

ノーマル状態では、ファンは「弱」「中」「強」の三段階でした。
外した基板を調べて、下図の様に接続したらファンは三段階の「強」で回ったのでこれで良しとします。
ファンは「強」のみで、ファンと同時に照明が点く仕様に改造します。


突入電流で壊れると嫌なので、AC10A 125VのトグルSWを使いました。


トグルSWを固定するための金具を2つ作ります。


トグルSWを固定した裏側の写真です。






トグルSWを固定した表側の写真です。



 感想
同型のレンジフードを新品で買うと38,000円もするので直って良かった。
ファンが回ると同時に照明が点くので便利。
ノーマル状態では、ファンは「弱」「中」「強」の三段階だったけれど。
いつも「強」で使っていたので、「強」のみで問題なし。


 今後の課題
結線図に描いてあるコンデンサが、重要部品なのかもしれないけど。
用途がわからなくて、接続してないので不安です。

↑このページのトップヘ